小児歯科/有明,豊洲,東雲,辰巳,/歯医者,矯正歯科,勝どき,月島,,歯医者,歯科,

江東区歯医者,東雲デンタルオフィス,/豊洲,辰巳,東雲/キャナルコート,歯科,東雲デンタルオフィスです,江東区歯科/豊洲,辰巳,東雲,有明,勝どき,月島,/,歯医者,歯科医院をお探しなら東雲デンタルオフィスへお越し下さいませ。

江東区/有明,月島,勝どき,お台場,豊洲,東雲,辰巳/歯科,小児歯科

キャナルコート歯科,東雲デンタルオフィス

1269245_42697299.jpg1269245_42697299.jpg東雲デンタルオフィス,矯正歯科あごを動かしてみるとわかりますが、ものをかむときに動いているのは、主に下あごのほう。上あごは頭の骨で固定されていて、そこに下あごが重なることで、ものをかむことができるのです、「かみ合わせが悪い」というのはこの重なりぐあいに何らかのズレが生じた状態のこと。  現代生活には、かみあわせのズレを起こす原因がいっぱい。 まずはここに挙げてみることにしましょう 
ハンバーグやラーメン、カレーにスパゲティ、最近は子どもの頃から歯やあごに負担のかからないものを食べることが多くなりました、柔らかいものばかりをかんでいると、あごに必要な刺激が加わらず、発達が不充分になります、そのため歯の数や大きさに対してあごが小さすぎて永久歯が生えるときいに歯が入りきらなくなってしまいます、それによって歯並びが乱れ、かみ合わせが悪くなってしまうのです
逆に小魚や根菜類、豆腐をよくかんで食べる、という日本の昔ながらの食べ方はあごの発達を促し、歯並びやかみ合わせを正常にしてくれます、また歯がそろわない乳幼児期でも、しっかりとした歯ごたえのものをかんで、歯茎や舌に刺激を与えることがあごの発達を促すとか、「かむ」ことは、乳幼児期からとても大切なことなのですよ。
江東区(有明,月島,勝どき,お台場,豊洲,東雲,辰巳)歯科,小児歯科,東雲デンタルオフィスでは予防歯科として生涯にわたり入れ歯の必要のない人生をおくれるようサポートしております。


3100884242_9f747c0570_b.jpg3100884242_9f747c0570_b.jpg東雲デンタルオフィス,小児歯科乳幼児期の指しゃぶりが、かみ合わせを悪くする原因になることもあります、指を加える部分だけが圧迫されて、上と下の歯の間にすきまがあいてしまい、うまくかみ合わなくなるのです、大人ではパイプの常用が同じ結果を招くことがあるようです、また片方の歯ばかりでかむ、「片側かみ」の習慣も、かみ合わせのバランスを悪くしてしまうのです。
いつも同じ側の肩にばかりバッグをかけているおt、バッグを支えるために、そちら側の肩がいつの間にか上がってしまい、あごや歯並びまで傾いてしまいます、同じように、いつも同じほうばかりを下にして寝るとか、片方の目の視力が悪くて、常にものを斜めにみる、など、かたよった姿勢を続けることも、かみ合わせを悪くする原因になります。
虫歯の治療などのために抜歯したあと、そのまま放置しておけば、周囲の歯が動いてしまい、かみ合わせは当然乱れます、また歯の治療で詰めたり、かぶせたりしたために、かえって左右や上下のバランスがくずれるケースもあります。
さらに、歯槽膿漏などの歯周病も原因のひとつ、歯茎が弱くなり、歯が傾斜してしまうことで、かみ合わせが悪くなってしまうのです。
また歯が生えそろっていない赤ちゃん期の生活習慣も重要赤ちゃんは母乳を吸うことで、舌を動かす筋肉や骨を鍛え、あごや頭の骨の成長を施します。らくに飲める哺乳びんばかりを使って、母乳を思いきり吸う体性が少ないと、舌を動かす筋肉が鍛えられず、離乳食後にかたいものを上手に食べれなかったり、発音や呼吸に障害を起こすことがあるうえ、あごの発達も悪くなり、その後の歯並びやかみ合わせに悪影響が、こうした母乳を吸うことの大切さが見直され、最近では吸うトレーニング効果のある哺乳瓶も出ています。 またいつも同じ側から飲んでいるとゆがみを招く原因に、左右から均等に飲ませることが大切です、乳歯の歯並びが悪ければ、当然永久歯も乱れた歯列で生えてくるので、この時期には充分な注意が必要です。
ここ数十年で、食事の内容は高カロリー、高栄養になり、その間に子どもの発育は驚くほど早くなりました、そうした急速な体の成長に対して、あごの発達が追いつかなくなり、それが歯並びやかみ合わせが悪くなるひとつの原因に、また人類全体の進化の過程で、脳が大きくなってきている分、相対的にあごが小さくなり、歯が入りきらなくなりつつある、とも考えられています。


矯正治療の費用についてですが、これには決まった費用や一定の料金があるわけではありません。費用としては、初診・相談料、技術料(基本)、装置料、もちろん、矯正歯科医院や地域、患者さんの治療の難易度や治療期間、治療方法、使用する装置などによっても費用は変わります。骨格に問題があるような難しい症例、特殊な装置使用、インプラント矯正は別として、通常の歯列矯正では総額60万円~100万円が目安となっております。初診の段階で、費用に関してはおおよその見当がつきますので、ご相談にお越しください。治療費の何割かを内金として払い分割払いや通院ごとに支払えるシステムを設けておりますので、江東区(有明,月島,勝どき,お台場,豊洲,東雲,辰巳)矯正歯科,東雲デンタルオフィスでご相談下さいませ、患者様自身の経済状況とよく相談して無理のないプランで治療に望んでください。尚、お支払方法は各種クレジットカードやデンタルローンなどがご利用いただけます。
東雲バナー14 - コピー.jpg


お気軽にご相談下さい 東雲デンタルオフィス 03-5144-0418
日本臨床矯正歯科医会の調査では、30代女性の74.4%が「きれいな歯並びにしたいと思ったことがある」と答えています。他の年代や男性に比べると圧倒的に高く、30代女性がもっとも歯ならびに関心があることがわかります。今や30代の矯正歯科治療も珍しいものではありません。

成長時期に合わせて早期治療を行なうことにより、骨格や歯の不調和、機能異常を治し本来の成長発育に近づけることができます。

発育過程にある10代の場合、上下のあごの成長を抑制したり、促したいりして治すことができます。要するに、骨格と歯並びの両面から治療していけるのです。そのため、健康な歯の抜歯を回避できる場合もあります。

また、使用する矯正装置も比較的シンプルなものになるのと、10代の場合はむし歯や歯周病などによる治療跡が大人に比べて少ないため、矯正装置の装着が簡単にできるのもメリットです。

入れ歯バナー02.jpg

























東雲バナー11.jpg




code.php.png